MONTHLY PICK UP いま履きたい、あのシューズ Vol.02 Starring 小谷実由

Pick Up Shoes

VANS / AUTHENTIC / AQUA HAZE / TRUE WHITE

Styling Point

スタイリスト・小山田孝司

こういうタイプのスニーカーは古着と相性がいいので、古着をデザインソースにしているアイテムをピックアップしたいなと思いました。ウエスタンテイストのシャツはTOGAです。BODYSONG.のスカートはスニーカーの色味と合わせて、かわいいけど少しピリッとするようなイメージでチョイスしました。この2つのブランドは方向性が違うけど、古着からインスパイアされているデザインという共通項がありますね。

小谷実由

シルエットも含めて私服に近いコーディネートだなと思います。でも,こういうウエスタンっぽいアイテムは自分ではあまりチョイスしないので新鮮でした。ボタンがスナップ仕様になっているのもいいですね。このVANSは、高校生のときに初めて古着屋で買ったスニーカーの色味によく似ているんですよ。履きつぶすくらいの気持ちで普段使いしたらいい味が出ると思うし、逆にきれいめなコーディネートにも映えると思います。VANSはやっぱり履きやすいですね。

―4月の思い出と聞かれて何が思い浮かびますか?

新しい年度がスタートする4月は一番いろんなことを考える時期かもしれないですね。さらに今年は元号が変わりますからね。平成が終わって新しい元号を迎えたときに日本がどういうムードになるのか、そして自分がどういう気持ちになるのか気になります。時代の移り変わりってあまり意識したことなかったけど、平成が終わる前の年に結婚したということは自分の中で大きな記憶として残るんだろうなと思います。

―おみゆさんは就寝前や起床後のルーティーンはありますか?

就寝前はよくテイストメイド ジャパンというお料理のレシピ動画を観てますね。それを参考にしてお料理をしたことはないんですけど(笑)、美味しそうな料理を観ているのが楽しい。起床後は必ずラジオをつけますね。音楽と情報のバランスがいい番組が好きです。

―ラジオDJに挑戦したいと思う?

すごく興味ありますね。ラジオでおしゃべりさせていただいたことが何度かあってすごく楽しかったんですよね。意外に思う人も多いかもしれないですけど、私はおしゃべりをすることが大好きで。トークイベントなども好きですね。

―寝ているときに夢はよく見ますか?

夢はよく見ます。今日はなぜか私がQUEENの「ボヘミアン・ラプソディ」のピアノパートをずっと弾いている夢を見ました(笑)。

―音楽好きのおみゆさんらしい夢と言えるかもしれない(笑)。
 やっぱり音楽や映画からファッションの影響を受けることも多いですか?

ファッション誌を参考にすることよりも断然多いです。あとは写真集ですね。レトロモダンなテイストが好きだから、そういうヒントを得るときには音楽や映画、写真集からインスパイアされます。

―おみゆさんは純喫茶の愛好家としても有名ですが、レトロモダンなデザインや場所に惹かれる原点はなんですか?

それも音楽の影響が大きいですね。両親が音楽好きで、家にレコードやCD、カセットテープがいっぱいあって。Rolling Stonesがずっと流れているような環境で育ったんです。お父さんに「こういう音楽が好きだったら、これはどう?」ってお薦めされてそこから自分の音楽の好みが形成されていきました。その流れで60年代のファッションに興味を持って、古着も好きになったんですね。洋服や家具もミッドセンチュリーを感じられるもの好きだし、あとはBAUHAUS(1919年から1933年までドイツにあった美術学校。現在も世界中のデザインや建築に多大な影響を与えている)の世界観も大好きです。そういうデザインを身近に感じられるのが純喫茶だったんです。今は毎日コーヒーを飲んでますけど、純喫茶に通い始めたころは飲めなかったんですよ(笑)。でも、とにかくその“場所”に行きたかった。たとえばギャラリーで好きな作品を観てもどうしても俯瞰で捉えてしまうところがあるんだけど、純喫茶には昭和のデザインや建築、家具に囲まれて自分がそこにいるというリアリティを感じられる。それが大きいです。

Model / Miyu Otani
Photographer / Mariko Kobayashi
Videographer / Kei Murotani
Stylist / Koji Oyamada
Hair & Make / Naoyuki Ohgimoto
Writter / Shouichi Miyake